はくえんの戯れ言・・・

わたくし白炎(はくえん)が日々思ったことや、興味を持ったこと、 ゲームのことなんかを中心に好き勝手に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジ、次世代DVDについて気づいたこと

今回は地デジ及び次世代DVDについて調べてみました。

とりあえずは以下のデータを見てください。


●名称 ●画素数 ●転送レート ●2h録画には
アナログ放送 640×480
ハイビジョン(地デジ) 1440×1080 最大17Mbps 15.3GB
BSデジタル放送 1920×1080 最大24Mbps 21.6GB

簡単に説明すると一番左側は放送名。次の画素数とは送られてくる画面サイズ。転送レートとは1秒間に送られるデータサイズで数字が大きければ大きいほど綺麗な画質になると考えて良いと思います。そして最後の”2h録画には”とは、最大転送レートにて2時間分録画しようとしたときに必要なデータサイズになります。

次にDVDと次世代DVDと言われるHDDVDとBlu-ray(ブルーレイ)のデータは

●名称 ●画素数 ●書き込み可能データサイズ
DVD 720×480 片面4.7GB 両面8.5GB
HDDVD 1920×1080 片面15GB 両面30GB
Blu-ray 1920×1080 片面25GB 両面50GB

となります。


上記のことから分かることは

●放送されている地デジをそのままの画質にて録画することはHD(ハードディスク)には可能で有ってもDVDに焼くことは不可能である。

●販売されているDVD画質720×480は地デジ放送1440×1080よりも劣る。
 (計算上では地デジ放送の画質はDVDの4.5倍?!)

●Blu-rayで有れば片面1層でBSデジタル放送を2時間録画可能

等々


私自信DVDの画質について調べだしていた関係上DVDについてばかりになってしまいましたが、もし地デジの画質をメディアに残そうとした場合には次世代DVDを購入するしか手段は無いことになります。

しかしこの次世代DVDはご存じのとおりHDDVDとBlu-ray二つの規格が有り、現状においてどちらを選ぶにしてもユーザー側が選んだ規格が主流で無かった場合のリスクを承知で購入しなければならないのが実情。私などの世代では数十年前に有ったVHSvsベータの規格競争が思い出されるため、怖くてとても今、購入する気にはなれません。

また、先日総務省が規制緩和を発表したコピーワンス(今後はコピー9と言うらしい)もまだまだ不透明な部分が多く、このことからも次世代DVDを購入するにはさらなる不安が付きまとうことになります。



以上のことから個人的な意見として、まだ次世代DVD機器を購入するには時期尚早な気がする為、少なくとも次期主流規格が見えてくるまでは購入しないでしょうね。
待ってればコピーワンスの仕様も見えてくるだろうし。


とりあえず今回調べてみて思ったことは、メーカーサイドとしては当たり前の事だけど自分たちにとって不利になるような情報は絶対に分かり易くは説明してくれないですね。上記したDVDの画質はハイビジョンより劣っているとか、地デジになることによりコピーワンスと言った制限が入って来るとか(今はコピー9ですけど)
さらに本来で有ればTVなどのマスコミがこういった情報を発信してくれれば良いんだけどそこはスポンサーを敵に回す事などもってのほか、一般ユーザーにそんな情報知ってても言ってくれる事は有りません。


と言うことでメーカー等の売り言葉に騙されないよう、何か購入するとき等はしっかりと自分たちで勉強していくしか無いんでしょうね。ただ昔と違うのはネットと言う武器が有るのでこれを上手く利用してお互いに情報を出し合い損をしないようにしたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hakuen.blog47.fc2.com/tb.php/193-d3bd13de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/11/05(月) 07:06:15 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。