はくえんの戯れ言・・・

わたくし白炎(はくえん)が日々思ったことや、興味を持ったこと、 ゲームのことなんかを中心に好き勝手に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画"父親たちの星条旗"を観てきました。

タイトルどおり映画"父親たちの星条旗"を観に行って来ました。

ご存じの方も多いと思いますがクリントイーストウッド監督が日米両方の視点から
太平洋戦争末期、硫黄島へのアメリカ軍による上陸作戦を描いた作品で
今日観に行ったのはアメリカ側の視点の方。

しかしアメリカ側の視点とは言うものの、内容は硫黄島への上陸作戦中
両軍にとって重要拠点であった硫黄島全景を見下ろせる"すり鉢山"山頂へ星条旗を掲げた兵士達の物語でした。

ただ、見に行く前にはいつものアメリカ万歳!日本軍最低!
の映画だったら嫌だなぁと思っていましたが全然アメリカ万歳的な表現は無く
むしろアメリカの正義の裏側を描いており、イーストウッド監督の公正な歴史観が
これは真実の話であったであろう事を表現出来ていると思う。

まぁ戦闘シーンについてはどうしてもプライベートライアン冒頭の上陸シーンと重なり
映像のグロテスクなまでのリアリティーはプライベートライアンを超えてはいないと思うけど
見せようとしているものが違う映画だからそこは大目にみようと思いますw


最後に、人にこの映画を薦めようと映画の説明を考えてみても、どう説明して良いか悩むところですが
私自身2時間半の間、退屈すること無く観ることが出来、別に観て損をしたと思う映画では無かったです。

いつの時代も兵を理想と言う名の下に戦場に送り出す人間達は安全な場所に居て
その代理として傷つき苦しみ死んで、さらに利用されるのは若者達で有ることを考えさせられる良い映画だと思います。



さて硫黄島第2部日本側視点、どんな映画になるんでしょう・・・
まだ行くかどうかは決めて無いけど、多分行きそうwww
スポンサーサイト

テーマ:父たちの星条旗 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hakuen.blog47.fc2.com/tb.php/132-5c06fbb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。