はくえんの戯れ言・・・

わたくし白炎(はくえん)が日々思ったことや、興味を持ったこと、 ゲームのことなんかを中心に好き勝手に書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま!

本日無事に福岡帰省&鹿児島旅行から帰ってきました。

いつもなら2~3日帰省してすぐに帰って来てたのですが今回は久々に長期間の帰省となり
鹿児島旅行とか以前居た佐世保に遊びに行ったり等動いてはいたけど
ゆっくりと九州の夏を楽しんで来ました^^

今回の帰省で一番印象に残ったのはやっぱり知覧の知覧特攻平和会館です。
この知覧特攻平和会館は大東亜戦争後期、陸軍特攻隊が特攻へと飛び立つ
最後の基地が有った場所で上記、平和会館には多くの遺品や資料そして
特攻に行く際に書かれた遺書が多く展示してあるところです。

この知覧平和特攻記念会館に入ると隊員の遺影が出撃戦死した月日順に展示されていて
また、その下には家族・知人に残した遺書・手紙・辞世・絶筆等を展示してあります。

この展示してある遺書等を読んで思うことはまず、本当に字が綺麗であると言うことと
内容に関しては、この遺書を書かれた特攻隊の方々は18歳から22歳くらいの方が
ほとんどなのですが、正直とても自分がその年齢の時には絶対に書くことが出来ないし
また、今の年齢になって書けと言われても恥ずかしながら、あのように
これから数時間で死ぬ環境でありながらも
家族の方へ向けて明るく相手を慈しむ言葉や、励ますような文章を書ける自信はありません。

今回この会館に2時間半ほど滞在し展示されているものを見ているときには
涙が止まらない状況でした。

本当に自己を犠牲にしてまで後生の日本の為に尊い命を捨てた特攻隊の方々に
少しでも恥ずかしくない日本にして行かないとなぁとつくづく感じさせられるところでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hakuen.blog47.fc2.com/tb.php/102-fc3b6796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。